ハモニカサンタinスリランカ part1

一気に書くのは大変なので、何回かに分けて書きたいと思います。

まず11月24日のお昼のフライトで旅立ち(家を出たのは9時くらい)、モルディブ経由(トランジットいう感じではなく、飛行機の乗り換えはせずにモルディブで降りる人だけ降りて、スリランカ行きの人はそのまま同じ飛行機でふたたび行くという形でした)で現地に到着したのは現地時間で23時過ぎくらいだったでしょうか。日本の時間で考えると午前3時くらい…。結構な時間でございます…。空港へは今回の総合ディレクターであるラッタナシリ師(通称バンテさん)が迎えに来てくれました。そこから1時間ほどのコロンボのバンテさん宅へ向かい一泊しました。まぁ一泊と言っても夜中に到着し、朝早くに出たので、ほんの少ししか寝てませんでしたが…。

朝、マータラという最南端の地域に向かいました。その距離約160km!!。スリランカの交通事情は実にアジアらしいスリリングそのもので、完全にレース状態です(笑)両脇には普通に民家が立ち並ぶ決して広くない道なのに普通に60キロ以上、時に80キロ以上(100キロ近いことも)出してガンガン追い抜いていく!道には野良犬だらけ、牛も沢山(笑)いや〜、ハラハラドキドキです。。。
だいぶ南の地域に差し掛かってきた時、気づくと外はひどい雨でエライ悪天候に…。いや、これは悪天候どころじゃないぞ!!!強烈な風で木が折れまくり、道を塞いでしまってたり、海のすぐ近くを通りかかった時には、車に波が被ってきたり!!なんじゃこれは〜〜〜〜。その天候で事故をおこしたのか、バスとトラックがぐちゃぐちゃになっていたり…。結構な緊張感、恐怖感を感じましたね〜。スリランカってこんなとこなのかー、と。後からわかったのですが、これは現地の人も初めてだったというほどの「サイクロン」が発生したらしい。ハリケーンではなく、サイクロンとのこと。これには本当にビックリでした。

本当はこの日に早速最初のプラグラムを行なう予定だったのですが、予定先の学校がこのサイクロンでいろいろと壊れたらしく、危険だからとキャンセルになりました。
宿泊したのはこんなとこです。ホテルなどではなくMETTA BUDDHIST CENTREというバンテさんの建物です。宿泊の部屋もありつつ、仏像がある広いホールもあったり、結構大きなところです。お寺的な感じなんでしょうかね。

まわりの景色はこんな感じ。森の中って感じですよね〜〜〜〜。夜は鳥や動物の鳴き声に囲まれて寝る感じ。自然のクジャクが沢山いるらしく、鳴き声はしょっちゅう聞こえるけど姿は見れず残念。

ちびっこ坊さん♪♪彼らと朝晩はお祈りしましたーー

初日はサイクロンの影響でなんと停電の中過ごしました。。。夜はローソクで過ごしたのですが、でもこれはこれでとても風情があり、良かったです。ローソクの炎のみで仏像の前でのお祈りは、その現地語(シンハラ語)の響きとともに、とても幻想的で、異国というか完全に異空間へトリップした感じで実に良かったです♪♪♪

このような感じで出だしはなかなかスリリングに始まりましたー。もっと道の途中などの写真を撮っておけば良かったですね…。次回はハモニカサンタ活動の様子を書きます。

    ハモニカサンタinスリランカ part1” に対して3件のコメントがあります。

    1. Katsuya より:

      ワクワクしますね〜
      半袖ですが、暖かいのでしょうか?
      そのうちバンテさんの写真も登場するのでしょうか?

    2. koei より:

      Katsuyaさん

      スリランカは暑いですよ〜〜〜〜。南国ですからね。バンテさんの写真もアップしましたーー

    3. 柴崎 より:

      サイクロン怖いですねえ。無事で何よりでした!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。