人気者

伊藤さんが亡くなって一週間。心の中のどっか一点がポツリと空いた感覚というか、いまだ実感がわかない部分もあります。

この一週間、ハーモニカ教室関係やいろんな方から伊藤さんに関するメールをいただきましたが(ちゃんと返信出来ていなくて申し訳ありません)その度に「本当にいろんな人に愛されていた人だったな」と感じています。入院中もよく「人気者は辛いね〜」と話していたものです。

いずれどこかのタイミングで、ゆかりのある人達とライブ形式の集いを開催してみるのはどうかな、と思いました。ハーモニカ関係の人はみんな1曲ずつ演奏する、みたいな。

 

 

僕のアルバム「空の音色」のジャケットを書いてくれた高岡洋介さんが伊藤さんのお見舞いのために書いた絵。(これはハモニカサンタの譜面の表紙にもなっています)

    人気者” に対して3件のコメントがあります。

    1. bunji より:

      ゆかりのある人達とライブ形式の集い、いいですね。僕も参加したいです。お互いにちゃんと演奏を聴き合うことがなかったので、届けるだけでも届けたいです。
      僕もまだ現実感はありませんが、お通夜で彼女の顔を見て、気持ちに一区切りはつきました。それまでの2日間は本当に何も手につかず、何をしていいのかもわかりませんでした。でも顔を見て、ご家族に挨拶して、相君と帰りの電車で色んなことを話して、新宿で一人で大酒を喰らって、次の日にはそれなりに落ち着いていました。たまっていた仕事を二日酔いの仕事でこなしたことが助けにもなったと思います。
      ただ、何かが欠けてしまった感覚は取り戻しようがありません。せめてみんなのハーモニカの音で祈り、お互いの穴を少しでも塞ぐことができれば、あるいは塞ぐ必要なんて無くて、その穴とつき合うことができる心持ちになればと思います。その時にはぜひご連絡ください。

    2. Katsuya より:

      高岡さんの絵素晴らしいですね!

    3. koei より:

      bunjiさん

      相さんからもメール来ましたよ。やはりkaeさんとの思い出が沢山あるようで。。。きっとゆかりのあった人はみんなそうだと思うのですが、そんなこんなをみんなと話したくてしょうがないんですよ。それならそれで、とことんそんなことしようじゃないか、と。

      Katsuyaさん

      いいでしょ〜〜〜。なぜだか幸福感で胸がいっぱいになって涙があふれてくる。。。こんな音楽を奏でられるようになりたいな〜と本気で思う。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。